POの安定操作と日本商業開発の値動き

26日、日本商業開発の公募増資分の受け渡しがありました。
なかなか見れないPOの混乱ぶりだったで気になり、いろいろ調べて勉強になったので記しておきます。


まず、安定操作について。

公募価格決定後に株価が急落すると、だれも公募価格で買う人はいなくなります。
それを防止する、法的に認められた株価操縦のことです。
この安定操作は、実施するとかならず報告しなくてはいけません。

ちなみに、日本商業開発の安定操作は以下で知ることができます。 
http://www.nse.or.jp/market/public/notification/



さて、この安定操作ですが。


野村証券が12月16日、17日と合わせて約80万株
公募価格付近で買い付けていることがわかります。
特に16日は66万株もの買付を行っており、これによって株価が支えられました。
17日も買付を行っており、16日と17日は2352円ときっちり公募価格で引けています。

16日の出来高は88万株もあります。
この日の値幅は2350円(野村の買い支え下限)~2440円でした。
安定報告書を見ると、野村証券が購入した価格は2350~2354円と4円幅しかなく狭いです。
この下限付近で、ひたすら野村証券が66万株を購入してくれたことになります。

これは…野村証券が買い支えてることをいいことに、
ひたすらこの値段で売り続けた人がいるということです。

じゃあ、どこのだれが売り続けたんでしょうか?
このような値動きは、悪い人がいることを前提で考えると、こういうストーリーが考えられるようです。

公募増資発表
→出来高が少ない株なので株価を釣り上げる
→注目され提灯がついてますます株価が上がる
→公募価格が高く設定されてしまう
→安定操作の買い支えに売りをぶつけて、高値の公募価格付近で大量に売り抜ける

まあ、こんなストーリらしいです。

よく、いろんなことを考えますよね~。
事実だとしたら、株価操縦でアウトですけど、本当にそういうことした人がいたのでしょうか。
でも、今回の日本商業開発のPO発表後の株価の動きは異常だったので
何かあった可能性はあるかもですね、、、。


真偽のほどは定かではありませんが、とても、勉強になりました。
流動性の少ない株の公募増資発表後の急騰は、気を付けましょう~。
特に、東証鞍替えとか指定替えが付いてくる増資が最近増えていますので
要注意かなと思いました。

本当は、今ぐらいの値段、2100円前後が値決め日くらいの株価だと思ったんですけどね…。

関連記事

コメント

雑談
あんこさん、こんにちわ。

 今回は、魑魅魍魎な世界へようこそ。
昔から、特に野村が主幹事の銘柄では、このような噂が絶えませんね。
1社では通常支えきれないので協力要請するのですが、
嫌われ者の野村の場合、情報だけ洩れて、孤立無援になることが多く
結果的に、野村の顧客に、はめこむんですよね。

 生き馬の目をくりぬく連中が集まる所が株式市場です。

Re: 雑談
稲木さん、こんばんわ。
今回の増資は、いろんな想像をしてしまうほど、異常な値動きだったなあと思います。真実はどうだったんでしょうねー。こういうことも楽しめるような株ライフを続けていきたいなと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント