サンク・コスト という考え方

こんばんわー。
金曜日、土曜日と出張中に、いろいろ優待が届いていました。

フコクのお米
クリエイトレストランツ 優待券3000円分
モスフード 優待券10000円分
カスミ 買い物割引券(→お米に変えます)
西松屋 買い物割引券

こんな感じです。


お米が…前澤化成、前澤給装のお米が先週に届いていますので、
かなり大量在庫になってきました。
これは来年に向けての反省にします…。

ここまで被ると、せっかくの美味しいお米がもったいない!!
ふるさと納税も計画的にやらないとだめですねえ~。



さて、今日は投資家心理のことについて調べていました。
私は、結構、この投資家心理っていうのを調べたりするのが好きです。

今日調べていたのは「埋没費用」についてです。
「サンク・コスト」とも言います。

簡単に言うと、投資した金額のうち、もう「回収できない費用」のことです。
この埋没費用を意識すると、あまり過去の取引を引きずらずに、ニュートラルな気持ちで取引できるのではないかなと思います。


たとえば、…

IPOのアルファポリスのセカンダリーに初めて参戦して5万円損しました!
→IPOのエランの株がセカンダリーで上がりそうなので、こっちで取り返そうとします。

取り返そう、っていうのが、もうダメ。
もともと、IPOのセカンダリーにも慣れていないのに、
おなじセカンダリーで、しかも取り返そう!なんてねえ~。。。ダメダメです。
(投資行動としては良くない、という意味です)

セカンダリーをやりたいなら、それなりに基準を決めて、きちんと行動するべきです。
もしくは、取り返したいならセカンダリー以外の方法でコツコツ利益を積み上げる、っていう方法もあるはずです。
でも、アルファポリスで出した回収不能の資金(埋没費用)が、次の行動に影響を与えてしまうのですよ。。。


この埋没費用に、引きずられて行動・思考してはいけないんです。


こんな感じと理解したんですが、あってるのかな??
あと、たとえ話ですので。。。実際の話とは関係ありません・・・。


株式投資は心を鍛えないとだめだなーと思っているので、こういうことも大切かな、と思います。



いや、エランを選んで倍返しだ!!!って方は、それはそれで良いんですけどね^^;

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント