NISAは実は短期決戦向きなのでは?と思うようになってきました。

NISAの使い方について、悩んでいるあんこです。
今月号の雑誌は、多くでNISAを取り上げている模様です。。


あんこを悩ませる要因は、デメリット部分です。

時限付き(5年)で投資する必要がある、しかも、損失は通算できない。

これ、すごく大きいと思うのです。
5年後に損失が出ていた場合は、通算できず強制決済ですよ。
それに比べて、恩恵となる非課税になる額といえば…??


非課税…魅力的な響きなんですけど、利益が出ていることが前提ですよね~。


5年後の日経平均が、また8000円台なんて言ったら、ほとんどの株は含み損になっていると思われます。
リーマンショックの数年前にこの制度が導入されていたとしたら、と思うと…。


ということで、長期投資向きという感じで説明されがちですが、
5年間という中途半端な時限がついている以上、実は短期決戦で利益が乗っているときに、さっさと売り抜けて
枠を使ってしまうのが良いのではないかと思うようになってきました…。


そう考えると、IPOやPO、分売などで枠を使ってしまうのが一番向いてる??
損益通算ができないという点でクロス取引には向いていないので、使うことはないですし。


う~ん…。
人それぞれの考え方があると思うのですが、みなさんはNISA、開きましたか??


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント