SMBC日興で手数料無料の初クロス、無事できました。

相変わらず、日経は上がったり下がったり、激しいですねえ~。


本日、初めてSMBC日興で信用買いと信用売りを寄り付きで行い、現引きをしてみました。
とくに、日興からお咎めの電話やメールなどはありませんでした。

このあたりは、各社、コンプライアンスの観点から自主規制をかけているっぽいので、
寄付きで数単元くらいのクロス取引なら、SMBC日興でも特に問題にならないということでしょうね。



実際に現引きしようとして、現引きに使用されるお金が、信用保証金現金なのか預かり現金なのか
よくわからないな~と思ってましたが、どうやら、預かり現金の方みたいでした。

信用保証金現金の残高予定は変わらず、買付可能金額だけが下がってましたので。


そこで、資金効率を考えてみました。
最大で考えると、これだけの資金でこうなります。

例)90万円の現金がある場合。

50万を現金で残す。
40万を信用保証金に振り替える。

40万の信用保証金では、最大で100万まで信用で建てられます。
(維持率が40%なので、信用保証金の2.5倍まで建てられます)

信用買いで手数料無料→現引き 作戦には、最初に買い建もしなくてはなりません。

つまり、100万分の信用建玉が建てられるとしても、
実際は売り買いの両建てですので、株価としては50万までクロス可能です。

買い建てた後、すぐに現引きします。
これは、残した預り金現金50万から引かれますので、信用保証金に手はつきません。

翌日、現渡で決済、売却代金は現金預り金を選べば、元通りです。
貸株料や逆日歩などが引かれて、現金が戻ります。


こんなかんじ?



まとめますと。


預かり現金5:信用保証現金4


の割合で、効率よく、クロス取引が可能となります。


ここで問題なのが、
90万用意したのに、実際は50万分しかクロスできないじゃないか!

という点です。
これが難点ですね~。


また、最大ってのが怖いので、あんこは信用保証金と現金を半々にしています。
そして、現金の金額分だけ、クロスするようにしました。
ちょっと、余裕がある方が安心ですしね。
今回は、200万用意して、100万を現金、100万を信用保証金にしました。


平和堂500株と西松屋100株で、80万円ちょっと。
資金的にも、若干余裕がある程度でのクロスとなりました。


計算、間違ってたらごめんなさい。
もし間違ってたら、このあと、あんこは自分で体験すると思いますので、
また、ごめんなさいと記事を書くことにします…。

二元管理ってよくわからないな~。
全部、一緒に管理してくれないかなあ…。



…今日もカブコム、ダメでした~。




ちなみに、平和堂の本日の出来高は、2月と同じくらいの水準。
株不足も2月と同じくらいの状況だったようです。う~ん、けっこう、逆日歩つくかも?
1~2円程度だと嬉しいのですが。
500株クロスなので、オークションでも優待券は2000円くらいで売れます。
手数料はほとんどかかっていないので、逆日歩4円までなら、黒字です♪

西松屋も、結構な不足になってますね。どうなることやら…。



★本日の持ち株★
本日はトータルで-8000円ほど。含み益は43000円くらいになりました。
思ったよりも下がらなかったです~。
クリレス、がんばれ~。権利落ちが怖いので、もうちょっと上がってほしいです。




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント