配当落ち調整金って譲渡損益で通算?

よく、配当落調整金は、配当で相殺できるのであまり気にしなくて良い、
と言われていますが、よくわからないので調べてみました。

結局、よくわからなかったのですが…。


配当金 ⇒ 配当所得に含まれ配当の10%が引かれ、90%が手元に残る

配当落調整金 ⇒ 譲渡損益に含まれ、配当金の93%が引かれる


つまり、クロス取引する場合、配当金の3%はコストとして徴収。…であってるのかな?

あと、配当落調整金が「譲渡損益」で通算できるなら、
年末までに、配当落調整金分のマイナス(配当の93%分)は、
株式の譲渡益で相殺できるということでしょうか。
と、なると、その分は税金がかからないってことでしょうか?

これって、可能だと、かなりお得な気がしますが…。
う~ん、よくわからない。通算できるのかな?

配当の3%というと、誤差は多くて100円くらい?
う~ん…。私的には、やや無視できない額とはなります…。
事前の計算として、予定配当の3%はコストとして計算した方がよさそうです。
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントを受けまして
親切な方のコメントを受けまして、だいたい理解できました~。
ありがとうございます。
コメントが非公開だったため、時間があるときに新たな記事で、まとめてみたいと思います~。

コメントの投稿

非公開コメント