「FX 」カテゴリ記事一覧


グルトレを仕込みました~

こんばんは。
いよいよ、明日から新年の相場が始まりますね。

為替も株も大荒れの予感ですが…買いで持ち越してしまった方は大変でしょうね。
逆に売りで持ち越した方は、楽しみな一日になりそうです。

で、私は為替の方はノーポジションでしたが、今日、売りでグルトレを仕込みました。
グルトレの仕込みの範囲は106~110円、子は1000通貨10銭ずつ50銭で利確のトラップ、本体は5000通貨で50銭間隔にしています。

流れは年末の円安・株高の様子から一服したと思っていて、自分で引いていたサポートラインを割ってきたので、チャート的な予想ではドル円はしばらくはもみ合い~円高方向じゃないかと思います。
さてどうなるか、今年も頑張っていきましょう~。

EAの構成を分かりやすくしたい


私も、細々と自作でEAを作ったりしていますが、
だいたいこんな構成。

変数定義

pips処理などEAによって変わらない変数を定義するプログラム

ロット調整のプログラム(ベッティングシステムなど)

エグジット条件のプログラム
エントリー条件のプログラム

メインプログラム


基本、エントリーやエグジットの所をいじれば、
思いついたロジックを条件の所のプログラムに書いて
試すことができるようにしています。

すっきりするし、わかりやすくもなりましたが・・・
だいたい、こんな感じで皆さん書いてるのかなあ??

ちなみに、グルトレEAの場合は、ベッティングシステムだけのEAなので、大幅に構成は違います。。。
大量の待機注文にならないように、現在の値段で注文数を制御するほうに苦心したつくりにしています…。
もっとスマートにできないか思案中ですが、特に問題もなく動いてるので、手が回っていません^^;

ベッティングシステムとFX

カジノで使用されるベッティングシステム。
FXもこういう考え方は重要だと思ったので、いくつかまとめてみました。
FXも、エントリーロジックとベッティングシステムは別で考えて組み合わせていくと面白いと思っています。

有名なトラリピや私の大好きなグルトレは、ロジックというよりベッティングシステムに分類されるでしょう。
もちろん、FXでよく使用されるマーチンゲールも、有名なベッティングシステムの一つです。

マーチンゲール法
絶対に負けないと思いがちだが、超有名な破産まっしぐら手法。
負けたら勝つまでベット数を倍にしていく方法。
勝ったらリセット。
10連敗で1024倍。。。Σ( ̄ロ ̄lll)

ココモ法 
2連敗したら始まる方法。
3回目の勝負から前々回+前回の金額をベット
勝ったらリセット。マーチンゲールよりマイルド。

2連勝法(31法)
31単位を以下の9回の勝負に分けてベットしていく方法
111
22
44
88
まず1をかけて、負けたら1、負けたら1、負けたら2、負けたら2と上から順の単位をベット。
途中で1勝したら右にはいかずに下の段に移動してベットする。
2連勝したらリセット。最大損失は31。

モンテカルロ法
1・2・3
両端の数字の合計をベット
負けたら右端に負けた金額を書く
買ったら両端の数字を消す。

10ユニット法
紙に1を10個書く。両端の数字の合計をベット。
勝った場合は両端の数字を消す。
負けた場合は負けたユニット数を右端に書く。
資金リミットに達したら…
 左端の数字分だけベット、買ったら左の数字だけ消す、負けたら左端の数字に負けた分を加える
 左端の数字にも満たなかったら全額ベット、買ったら左端の数字からベット分引く、負けたらおしまい。
  
ウィナーズ投資法
2連敗した時から始まり。11と書く。
負けたら、投資額を右に書く。
勝つまで左端の単位の2倍をベット。買ったら左端の数字を1つ消す。
全ての数列が消えたら1セット終了

パーレー法
マーチンゲール法の逆。買ったらベットを前回の倍にする方法

グランパーレー法
買ったらベットを前回の掛金の倍+1にしていく方法
3勝したらリセット。グランパーレーオブスリー。